Prime Videoで観る、サイバーセキュリティ関連の番組/映画達。




こんにちは。最近、Prime Videoで動画ばかりみているはなくとです。

今回は、Prime Videoの中からサイバーセキュリティに関連する番組/映画の紹介です。Prime Video会員であれば、無料で見れるものも多数あります。今回は無料で見れる番組/映画の中からチョイスしました。海外版を字幕でみれば英語の勉強にもなるのでおすすめです。

Amazon Primeの会員登録はこちらから。30日間無料です。

1.MR. ROBOT / ミスター・ロボット (字幕版)

はなくとが見た中で一番サイバーセキュリティっぽいです。それなりに専門用語がでてきます。1話40分程度、1シーズンあたり10話程度です。現在シーズン3まで見ることができます。はなくとはやっと1シーズン見終わりましたw

概要は下記の通りです(Prime Videoより引用)。

テクノ・スリラー「ミスター・ロボット」の主人公は若きプログラマー、エリオット。昼はサイバーセキュリティ技術者として働き、夜はハッカーとして正義を守る。そんなエリオットに謎のハッカー集団のリーダーが参加を求めてくる。目的は、エリオットが仕事で守る大企業の壊滅だ。           

2.サイバーリベンジャー(字幕版)

映画なので細かい専門性はあまり描写する余裕がなかったようにみえます。一部スマートホームを題材にしています。ジムのエアロバイクこぎながら見ましたw

概要は下記の通りです(Prime Videoより引用)。

気鋭の実業家マイクは株式上場を控えた重要なプレゼンで不慮のシステムトラブルに見舞われる。途方に暮れていたところ、新入りの派遣社員エドが天才的なIT技術でトラブルを解決。エドの能力を高く評価 したマイクは、IT制御された自宅のシステム故障もエドに修理してもらう。喜び、エドを正社員にすると約束するマイク。だが、 エドの望みはマイクの美しい娘と仲良くなり、妻に気に入られ、家族の一員になることだった。呼ばれもしないのに一家に付きまとうエド。その異常な行動をマイクは叱責し、エドに解雇を告げる。失意のエドは逆上し、復讐の鬼と化す。IT 技術を駆使しマイクたちを脅かす。エドの天才的なIT技術の前には警察すら頼りにならないとわかったマイクは、ついに禁断の手段に打って出る…。

3.スノーデン(字幕版)

ここから先はまだ見ていないのですが、ぼちぼち見ようとしています。
題名からして興味をそそります。だってあのスノーデンですもんw

概要は下記の通りです(Prime Videoより引用)。

2004年、9.11後の対テロ戦争を進める祖国アメリカに貢献したいと考えて軍に志願入隊したスノーデンが、足に大怪我を負って除隊を余儀なくされる。失意のさなかCIAに採用された彼は、持ち前のずば抜けたコンピュータの知識を教官に認められ、2007年にスイス・ジュネーヴへ派遣された。そこで目の当たりにしたのは、アメリカ政府が対テロ諜報活動の名のもと、世界中のメール、チャット、SNSを監視し、膨大な情報を収集している実態だった。やがてNSAのスタッフとして東京の横田基地、ハワイのCIA工作センターへと赴任し、民主主義と個人の自由を揺るがす政府への不信をいっそう募らせたスノーデンは、恋人のリンゼイをハワイの自宅に残し、命がけの告発に踏みきるのだった…。 

4.「フェイス」 サイバー犯罪特捜班

こちらは日本発の番組です。1話あたり40分で計10話あります。
紹介しといて何ですが、私が見るかは未定ですw

概要は下記の通りです(Prime Videoより引用)。

日々、高度化し凶悪化して世界中に拡散・蔓延していく『サイバー犯罪』。その対策として内閣官房が秘密裏に作り上げた特命組織『サイバー犯罪特捜班』通称『フェイス』。主人公は『プロファイラー』として天才的な能力を発揮する結城凜(剛力彩芽)。サイバー犯罪組織と熾烈な銃撃戦を繰り広げる実働部隊リーダー・小笠原拓馬(小西遼生)。天才的なハッカー・太宰修司(松下優也)。『セキュリティ・システム』のプロ・三島キリコ(富永沙織)。得意分野を担当する5人のオペレーター。そしてチームを指揮するのは『サイバー犯罪』に精通した峰岸周五郎(村上弘明)。このドラマは凶悪なサイバー犯罪者と『フェイス』の生と死を賭けた激烈な闘いの物語である。

番外編 シリコンバレー (字幕版) 1~5

サイバーセキュリティとは関係ないですが、ぶっちゃけ、これが一番面白い。
アメリカンジョークなんてちっとも面白くないわー、だったのは過去の話。なかなかいい線言ってます。昔、同僚から「これ面白いよ」と紹介してもらったものの、見ずじまいでした。
シーズン5まであります。長寿番組となっているのが人気の証!
他の見なくてもいいからこれは見た方がいいと思います。一番のお薦めw
1話30分程度、8話/シーズンで5シーズンまであります。

概要は下記の通りです(Prime Videoより引用)。

HBOと、「リストラ・マン」や「ビーバス&バットヘッド」でおなじみの型破りなクリエーター、マイク・ジャッジが贈るコメディシリーズの第1シーズン。新興ハイテク会社と、それを儲かる大企業に押し上げようと奮闘するオタクな若者たちのクレイジーな世界を描く。

番外編 スティーブ・ジョブズ(字幕版)

言うまでもないでしょう。昔、見たいな~と思ったものの映画館に行ってまでは。。と思ってました。それが今なら家でただで見れる!見るしかないでしょう!

概要は下記の通りです(Prime Videoより引用)。

常に既成の枠組みを打ち破り、理想を求め続けたスティーブ・ジョブズ。人と違う考え方を貫き、周りの人全てを敵に回した<反逆児>が、どうやって、世界中の人に愛されるデバイスを創ったのか。 シリコンバレーの寵児と呼ばれながらも繰り返される成功と挫折の狭間で、彼は何を考え、何を想ったのか―。 1970年代、友人たちと共に自宅ガレージからスタートしたアップル・コンピューター。 その類稀なる創造力により、文字通り“世界を変えた”天才の半生を描いた大注目作。

まとめ

いかがでしょう。意外と多くの番組/映画があったのではないでしょうか。これらを見ても自分の技術が上がることはないと思いますが、ハッカーの視点や考え方を少し垣間見ることはできるかもしれません。英語の勉強にもなると思って息抜きに見るのもよいと思います。

また面白いのが見つかれば紹介したいと思います。

Amazon Primeの会員登録はこちらから。30日間無料です。




★シェアはこちらです★

    error: Content is protected !!