【書評】脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術




こんにちは。脳の衰えを18歳の時に感じたはなくとです。

今回は、「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術」という書籍を紹介したいと思います。著者は精神科医の樺沢さんとい方です。本を買うときは、信憑性が高いかどうかは、著者の専門性や実績をもとに判断するとよい、と何かの本で読んだことがあります。その意味では期待できる内容だと思います。
余談ですが、書籍紹介は4か月ぶりです。図書館が閉館になり借りることができなかった。。という言い訳。

1.概要(気になったところだけ)

・仕事を下記に分け、集中力の高い時間に①をする。
 ①集中しないとできない仕事
 ②集中しなくてもできる仕事
 →時間術は「時間の量」「集中力(効率)」の2次元で考える。

・集中力のリセットは、睡眠、運動(有酸素運動)が効果的

自己投資に時間を使う。
 →自身の成長が、効率化につながり、さらに時間を生む。
   →「正のスパイラル」に入り、さらに時間が生まれる。

15・45・90の法則
  ①深い集中力は15分が限界
  ②小学生でも集中できる時間
  ③大人が集中できる限界
 →あくまで目安。自分の集中力を把握することが大事

・雑念排除
 ①による雑念
    机、パソコンのファイルを整頓。探す時間は無駄。
 ②思考による雑念
  気になることはすべて書く。書いたら忘れる。
 ③による雑念
  隔離した環境で仕事する。
 ④通信による雑念
    wifi切る。電話でない。

追い込まれると最高のパフォーマンスを発揮する。
 制限時間を決める。

・朝を有効活用するには?
 ①朝にシャワーを浴びる
 ②カーテンを開けて寝る
 ③リズム運動
  朝、15~30分程度散歩する。
 ④よく噛んで朝食をとる
 ⑤テレビを見ない

・始業後は、1日のTodoリストを作り、いつ何をやるか集中力を鑑みながら考える。

・昼休みは、集中力を回復させるために、日光を浴びる、少し散歩する。

・30分以内の昼寝

・午後のリセット術
 ①運動 1分でも効果あり
 ②仕事場所を変える
 ③仕事内容をガラッと変える
 ④休憩。45分毎に5分
  スマホゲームはNG。休憩にならない。目をつぶるのが手軽。
 ⑤猛烈な眠気が来たら5分仮眠

運動によって寿命が延びる。15分で8時間延びる。週一回は運動の日と決める。

交流は最大の癒し。家族。

緩急のリズムをつける。退社後は仕事のことを考えない。

寝る前15分記憶のゴールデンタイム。余計な情報をいれない。

・楽しかったことをSNSで投稿する。

・寝だめは無意味。

・毎日同じ日課を繰り返すことが脳にとって最大のパフォーマンスを発揮できる。

2分以内でできることは、今すぐやる。後回しにすると余計時間がかかる。

・本を読んだら必ずアウトプット。

・耳学は手軽。

・自由時間に仕事はしない。終わりがない。体を壊す。

・自分のメインスキルを伸ばす。

遊びのTodoリストを作る。

リラックス時間を楽しむ。

・昼は緊張し、夜は弛緩して過ごすのが最も健康的な時間の使い方。

おしまい。

error: Content is protected !!