【書評】夢をかなえるゾウ 1-3




こんにちは。なぜか奥さんがゾウ好きなはなくとです(はなくとはパンダ好き)。

今回は、「夢をかなえるゾウ」という書籍を紹介したいと思います。Amazon primeで面白そうな本を物色していたところ、表紙のゾウが面白そうだったので手に取った次第です。

Kindle版だと3冊合本版があり、かさばらないのでお得です。


文庫版もあります。文庫版は2,3もあります。Amazonで検索してみてください。

Amazon Primeの会員登録はこちらから。30日間無料です。

1.概要(気になったところだけ)

■1冊目
・靴をみがく

・コンビニでお釣りを募金する

・食事を腹八分におさえる

・人が欲しがっているものを先取りする

・会った人を笑わせる

・トイレ掃除をする

・まっすぐ帰宅する

・その日頑張れた自分をホメる

・一日何かをやめてみる

・決めたことを続けるための環境を作る

・毎朝、全身鏡を見て身なりを整える

・自分が一番得意なことを人に聞く

・自分の苦手なことを人に聞く

・夢を楽しく想像する

・運が良いと口に出して言う

・ただでもらう

・明日の準備をする

・身近にいる一番大事な人を喜ばせる

・誰か一人のいいところを見つけてホメる

・人の長所を盗む

・求人情報誌を見る

・お参りに行く

・人気店に入り、人気の理由を観察する

・プレゼントをして驚かせる

・やらずに後悔していることを今日から始める

・サービスとして夢を語る

・人の成功をサポートする

・応募する

・毎日、感謝する

■2冊目

・図書館に行く

・人の意見を聞いて、直す

・締切りをつくる

・つらい状況を笑い話にして人に話す

・優先順位の一位を決める

・やりたいことをやる

・楽しみをあとに取っておく訓練をする

・プレゼントをする

・他の人が気づいていない長所をホメる

・店員を喜ばせる

・自分が困っているときに、困っている人を助ける

・欲しいものを口に出す

・日常生活の中に楽しみを見つける

・つらいとき、自分と同じ境遇にいる人を想像する

■3冊目

・自分の持ち物で本当に必要なものだけを残し、必要のないものは捨てる 

・苦手な分野のプラス面を見つけて克服する 

・目標を誰かに宣言する

・次の順序で一つの分野のマスターに挑戦する
  ①うまくいっている人のやり方を調べる
  ②一度自分のやり方を捨て、うまくいっている人のやり方を徹底的に真似る
  ③空いた時間をすべて使う 

・合わない人をホメる 

・気まずいお願いごとを口に出す 

・今までずっと避けてきたことをやってみる 

・自分の仕事でお客さんとして感動できるところを見つける 

・一度儲けを忘れてお客さんが喜ぶことだけを考える 

・自分の考えを疑ってみる 

・自分にとって勇気が必要なことを一つ実行する 

・優れた人から直接教えてもらう 

・一緒に働いている人に感謝の言葉を伝える 

・自分で自由にできる仕事を作る 

・余裕のないときに、ユーモアを言う

『苦しみを楽しみに変える方法』
   ①目の前の苦しみを乗り越えたら手に入るものを、できるだけ多く紙に書き出す 
   ②欲しいものが手に入っていく「ストーリー」を考えて、空想をふくらませていく 
   ③手に入れたいものを「目に見える形」にして、いつでも見れる場所に置いておく
   ④これらのやり方を、さらに自分流にアレンジする

2.感想

3冊一気に読みましたが、面白くて苦になりませんでした。
この本の良いところは、偉大な業績を残した方々(エジソン、ナポレオン、ゴッホ等多数)の考え方をもとに夢をかなえる秘訣が紹介されており、著者がこれらの成功者をよく研究されていることが伺い知れます。

過去の成功者から成功の秘訣を学ぶには最適なシリーズだと思いました。

おしまい。




★シェアはこちらです★

    error: Content is protected !!