【書評】世界のエリートはなぜこの基本を大事にするのか




こんにちは。人生、雑草魂(古い)のはなくとです。

今回は、「世界のエリートはなぜこの基本を大事にするのか」という書籍を紹介したいと思います。「世界のエリート~」という本をいくつか紹介してきましたが、外れがなかったので今回も読んでみました。

1.概要(気になったところだけ)

■人とのつながり
・週に一度は仕事と関係ない人と会う。

・上司同僚との飲み会を避けない

・相手との時間を印象的に共有する

■外見と内面を磨く
・「すみません」より「ありがとう」

・正解のない問題を考える癖をつける

・読んだ本の時間の3倍考える

・斬新な思い付きより骨太の意見

・ネットで検索せず自分の頭で考える。考える時間と調べる時間を分ける

・服装は清潔感

・靴の手入れ
 
■決定的なコミュニケーション結果を出す。
・引き受けた仕事は5分間やってみる。

・ホウレンソウは上司に聞かれる前にする。

・ホウレンソウは仮説を立てる。念押し型 ~と考えていますがよい?

・多忙な人のスケジュールにどう割り込むか
 
■利益を生む資料と会議で貢献
・資料は基本白黒。カラーでなくても説得力のある資料を作る。

・紙芝居と3W(Who What Why) を意識する。

・会議 
 聞き手に回る、意見を引き出す効果的な質問 
 意見の本質をとらえ、視覚的にまとめる。

・発言の種類 
 知識に基づいた意見 
 新しいアイデア
 論理を整理する(What if  ~が~したらどうなるか)
 

おしまい。

error: Content is protected !!