読書の秋を国会図書館で過ごす




こんにちは。はなくとです。
今日は「読書の秋」ということで国会図書館に行って読書をしました。はなくとの住所から国会図書館のある永田町まではおよそ30分程度で、それなりの労力を伴います。それでもわざわざ国会図書館に行った理由は3つです。

①地元の図書館の蔵書に無い、または予約待ちが10人越え
 来年1月から大阪に引っ越しすることになり、来月まで待っても順番がきません><

②気分転換
 読書はいつも家か会社ですが、誘惑多いですし。

③体の運動のため(これ大事)
 過去最高体重を更新しつつあり少しでも動かんとやばいです。

という、3つの大きな動機に後押しされて国会図書館に行くことにしました。国会図書館は朝9時半に開くのですが、はなくとが着いたのは9時20分。開いていないかな~と思いつつ入口に向かって歩いていたところ、館内のゲートには既に人が並んでいるのが見えました。荷物を預けて列に並ぶこと約5分、開館となりました。

まずは、あらかじめ目星をつけていた本を館内に設置されたPCから予約。そしてコンセントのある席を確保し準備万端。後は予約した本の準備ができるのを待つだけ。本の到着状況はスマホから確認できるのでネットサーフィンしながら待っていたところ、到着。この間、約20分。予約から到着まで20分程度かかることは明記されていたのですが、人が少ないうちはもっと早く到着するかと期待していましたがそんなことはありませんでした。

後はひたすら読むだけ。昼食を挟んで10時~16時までぶっ通しで読みました。1日で読んだ冊数、時間共に新記録のような気がします。全ての本を全力で読むというよりは、興味の深さに応じて強弱つけて読んでます。ちなみに読んだ本はこちらです。

・科学的に正しい英語勉強法

こんにちは。はなくとです。 以前の記事で取り上げた国会図書館で読んだ本シリーズ第一弾です。 来年から海外出張が多くなる業務につくこと...

・日本が売られる

・すべての仕事は10分で終わる : マルチタスクでも仕事がたまらない究極の方法

こんにちは。はなくとです。 結構、衝撃的なタイトルが気になって読んでみました。 10分で本当に終わるのか? 本当かいな、というのが正直...

・超一流、二流、三流の休み方

こんにちは。はなくとです。 以前の記事で取り上げた国会図書館で読んだ本シリーズ第二弾です。 この本を選んだのは、超一流、二流、三流が...

・仕事にしばられない生き方

・このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法

こんにちは。転職を2回しているはなくとです。 今回は転職の思考法について書かれた本を読んでみました。 転職する気が無くても、いつでも転職...

・やりたいことを全部やる!時間術

こんにちは。やられる前にやらねばならぬことが増えているはなくとです。 今回は、時間術についてかかれた本書を紹介したいと思います。 時...

・年収1億円になる人の習慣

こんにちは。はなくとです。 新年2発目の読書記事はお金分野です。といっても、稼ぐ人=能力の高い人 と考えると自己啓発系でしょうか。 自分...

・バックキャスト思考 : 正解のない難問を解決に導く21世紀型ビジネスに不可欠な発想法

・シナリオ・プランニング : 未来を描き、創造する
 →これはもう少しじっくり読みたいと思ったので流し読み

・貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ

・サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい : 人生100年時代の個人M&A入門

・”引きこもり主夫投資家”が教えるグーグル検索だけでお金持ちになる方法 アップデート版

・集中力のひみつ
 →これは途中で力尽きた感があるのでもう一度真面目に読みたい。

この中からいくつかはブログの中で紹介したいと思います。
引っ越しまで後1~2回は国会図書館に通うつもりです。

おしまい。




★シェアはこちらです★

    error: Content is protected !!